誰しもが利用できる|現代の問題の心の病はひとりではなく誰かに相談

サイトメニュー

誰しもが利用できる

医者と看護師

心が病んでいるなら利用しよう

メンタルヘルスに関する電話相談を無料にしているのは、医療機関より民間(ボランティア)です。精神科・心療内科に直接電話をかけるにしても、予約や問い合わせも兼ねているでしょうから、専用ダイヤルであるのかを確認しましょう。無料ならば、休診日の翌日はかける人も多く、医師専用の電話連絡でない限りは、休診日にかけた電話はメモされた状況下におかれています。『胸の内を聞いてもらいたい』、モヤモヤ、ドキドキ、ハラハラ、こうしたメンタルヘルスの症状(感情)を電話相談するにしても、折り返しというケースもあります。それこそ、無料であっても時間の制約があることにも気をつけましょう。専門医以外では、医療的な側面にだけ答えることも多いようです。顔が見えないという安心感から、赤裸々な相談をしてしまうこともあるでしょう。それで原因がはっきりしたとしても、そこから内に入れるのは専門医のみです。話し相手に赤裸々な発言をしてしまい、こっぱずかしい気持ちになることもあり得るので、まずは当たり障りのないところから話しましょう。

無料の電話相談では、うつ病の患者さん、精神疾患の患者さんのみならず、士業の面々からも利用されているようです。1日の中に、様々な種類のスケジュールが組み込まれ、色々な依頼者や交渉の相手と話すなどするため、士業の面々にもメンタルヘルス問題が生まれています。苦労したり、憤り、ストレスを感じたりするため、無料の電話相談を利用し、上手くいかなかった時の徒労感を小さくするのが目的の1つです。結果として、上手くいった時の喜びも共有できます。大なり小なり誰もが抱えるメンタルヘルスの問題ですが、常に変化があったり、いつも違った展開を見せる時にも活用してみましょう。午前中に1本、午後から夕方までに2本から3本、いつ・どこからでも電話をかけることができるのです。それこそ接待中のゴルフ場から、動悸がした、耳鳴りがするなどの不調にも応えてくれますし、対策も講じてくれるでしょう。メンタル心理カウンセリングの電話相談は、都合が悪くない、非難を受けない、こうした心のより所にもなり得るのです。